一人で独り言
by cocon-Super
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
O地区
N地区の先、O地区
c0037808_5333583.jpg
c0037808_5334513.jpg

O地区の地面はとても低く、土手を造成するのに大量の土石の輸送が必要だった
c0037808_5335497.jpg

[PR]
# by cocon-Super | 2008-11-29 05:40 | O地区
N2、N3周辺
手前N2始点から向こう側に見える山のふもとがN3となる。
全長約1Km
サイフォン3つ、橋一つ、分水門2門の構造物
蛇籠大(1×2×1メートル)蛇籠小(0.6×2×1メートル)それぞれ約950個
柳2000本以上
(すごく)大まかに計算すると、それぞれこれぐらいの数字になる
c0037808_51384.jpg

N2途中の橋のところにある分水門(写真中央)まで水路内造成が終わっているので、水を流している
c0037808_5133140.jpg

上流からN2を眺めた景色
分かるだろうか?左真ん中にある白い山のふもとを通って、まっすぐ突き進んでいるのが水路
白っぽくなっている地面は涸れ川の跡
雨が降るとここに雨水が流れ込み川ができる
c0037808_5133842.jpg

N2終端とN3の部分
このN地区の先、に目指すガンベリー砂漠が広がっている
c0037808_5134776.jpg

[PR]
# by cocon-Super | 2008-11-29 05:32 | N地区
N2地区 ーその参ー
N2造成中
c0037808_4565225.jpg

上の写真と同じ場所
土手の造成もほぼ終わり、水路内の蛇籠もできている状態。後は柳の植樹など仕上げを行う
c0037808_457375.jpg

水路内で蛇籠を作っている風景
蛇篭の石を積む人
石積みを手伝う人
石を集める人
石を猫車で運ぶ人
他にも別の場所で石を集め、トラクターに積んでこの場所へ運んでくる人もいるので、蛇籠を組むだけでも時間と労力が必要になってくる。
c0037808_4571317.jpg

一段目の蛇籠
1×2×1メートルの容量である
この上にさらに0.6×2×1メートルの少し小さな蛇篭ができる
c0037808_4572394.jpg

[PR]
# by cocon-Super | 2008-11-29 05:11 | N地区
N地区 ーその二ー
N1地区にある分水路(完成前)
「シギ分水路」と呼ぶ。(シギは地名)
c0037808_229187.jpg

完成後はこんな感じ。
c0037808_2293891.jpg

分かるだろうか・・・途中から道路横を通っている。
c0037808_2295497.jpg

家の方へ伸びている水路は住民が自分たちで作った水路。
元になる大きな水路さえ作ってしまえば、後は住民たちが協力して自分たちの使いやすいようにさらに分水路を作ってしまう。写真家の方へ向かって伸びている水路は住民が造った水路である。
c0037808_2210416.jpg

[PR]
# by cocon-Super | 2008-11-28 23:01 | N地区
N1地区 ーその壱ー
N1開始地点
完成前
c0037808_21555636.jpg

N1開始地点
完成後
c0037808_2156143.jpg

完成後は必ず柳を植樹する。
水路内土手を洗掘から守るために蛇籠を組んでいるが、材料の針金も月日とともに朽ちてしまう。
将来その針金の代わりに蛇籠の石をしっかりかかみこむのが柳の根となる。
柳の細い根は水中でお互い絡み合い、水流に流されることなく、しっかりと岩と土を固定する。
c0037808_21563147.jpg

ある程度大きくなるまで人の手でバケツを使い、水やりが行われる。
c0037808_21564269.jpg

[PR]
# by cocon-Super | 2008-11-28 22:08 | N地区